ガラス修理

ガラスの種類

透明ガラス (フロートガラス)

透明ガラス(フロートガラス)

 

一般的に、よく使用されている低価格のガラスで、フロートガラスともいいます。
窓、ガラステーブルトップ、ガラス棚板、食器棚、ガラスの水槽などに使用されています。

型ガラス (型板ガラス)

型ガラス(型板ガラス)

 

不透明な板ガラスで、最初からガラスの片面に型模様をつけてあるガラスです。
窓、玄関、浴室、洗面所などに良く使われており、光を通しながらプライバシーを確保したい場所に使用します。

すりガラス(磨りガラス・くもりガラス)

すりガラス(磨りガラス・くもりガラス)

 

透明なガラスの片面に、細かい凹凸をつけ不透明に加工した板ガラスです。
つや消しガラス・曇りガラス・すり板ガラスとも呼ばれています。水分が多い場所で使用すると、透明度が増す場合がありますので、室内の湿度が低いところで使用します。

※上記以外のガラスも取り扱っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ガラス修理の流れ

お問い合わせ

pixta_19867496_M

 

まずはお気軽に、お電話でお問い合わせください。
その際、ガラスの状況などをお知らせください。

お見積もりの提示

pixta_12015915_M

 

お問い合わせの際にお知らせ頂いたガラスの状況(割れている、ヒビが入っているなど)を確認いたします。おおよそのガラスのサイズ(縦・横・厚さ)やガラスの種類(透明・網入りなど)もお知らせ頂き、お電話にてお見積り額をお知らせします。

日程の確認

pixta_24939487_M

 

お客様のご予定をお伺いし、修理交換作業の日程・時間を決定します。

張り替え・交換

窓ガラス 修理

 

お客様の希望日に、お伺いいたします。 割れたガラスや、ヒビの入っているものは大変危険ですので、弊社で処理いたします。ご安心ください。